いつかのスナップ

このサイトは旅好きな自分のためのスナップ保管箱です。

好き勝手に撮った写真は記憶の補完用。

出掛けた先のことをいくらも覚えていないので、あれっと思った時に振り返るのが目的。

ひっかかりの欠片もない、ごくごく私的な備忘録的なものです。

それでも宜しければ、お入りくださいまし。

 

 

海外発券を始めてからほぼずっと、途中降機中。

1998年のオーストラリア、ケアンズ。

「こっちで買うと成田往復と成田経由ソウルのチケットが同じ値段なんだよ。それに日本で買うよりも安いしね」

友だちに言われても、そういうものかと聞いてた。

ケアンズに暮らす彼にとってみれば、里帰りのついでにソウルで焼肉が食べられるのはおトクかもしれない。

だけどわざわざグレートバリアリーフでダイビングした後にソウルへ行かなくてもいいやって思ってた。

 

その後マイルを貯めるようになってから、ビジネスクラスに憧れ、上級会員を夢見るようになる。

Cクラスの快適さを覚えると長距離路線はなにがなんでもCに乗りたくなる。

貯めたマイルでアップグレード、貯めたマイルでCクラスチケットを発券したい!

そんな中、航空券によってアップグレードできるものと出来ないものがあることを知る。

 

思い出したのがケアンズでの航空券。

当時、ケアンズ発 成田経由 バルセロナ行き 1年オープン エコノミークラス、マイルでのアップグレードが可能なものが10万円弱だった。

 

往復共に東京でのストップオーバーが可能だったので、

ケアンズから帰って東京で過ごし、

好きなタイミングでバルセロナ往復。

また東京で過ごして、ダイビングしたくなってから再びケアンズ。

マイルを使ってのアップグレードもケアンズからバルセロナまで通しで上げると得だった。

その上搭乗マイルも付くし、タイミングによってはボーナスマイルのオマケまで付いた。

お陰で年に数回ケアンズへ行くようになった。

 

ただ、

航空券のルールはしょっちゅう変わる。

日本での滞在日数が制限されたり、ストップオーバー(途中降機)が行きか帰りの1回に減ったり。

その後、ケアンズ発券の魅力が薄れたこととスケジュールが不便になったことで

バンコク発券やソウル発券に切り替えた。

それでも基本、東京滞在時は乗り換えのための途中降機中。

今なお。

 

 

 

 copyright © 2015-2019 nakamura kentaro. all rights reserved.